最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

2006年10月12日 (木)

都電の資料

僕が模型誌「とれいん」に、都電のレイアウト製作記事を書いているのを、知ってる人も多いでしょう。それの資料をいつも探しているのですが、今回は、決定版ともいえるものを発見したのでご紹介します。発刊されて間もないようで、色々な書店で見つける事がまだ出来ます。

Dscn2782 Dscn2783 一冊目は「都電が走った昭和の東京」です。玉電でお馴染みの荻原二郎氏著です。カラー写真も載っていて見たこともないような写真が一杯です。変形A4サイズで220ページもあり、なんと¥3800!これは安いと思いました。都電に興味のある方は本屋さんに走ってください(笑)

もう一冊は「40年前の東京」(1963~1966)こちらは、昭和の東京の建物をレイアウトで再現しようという人にピッタリな資料です。フォーミュラDscn2784 Dscn2786 は上と同じです。出版は、どちらも生活情報センターです。それに載っていた中野の南口の写真!駅から左の部分。今の三菱東京UFJ銀行(いい加減にせえメガバンク!)の前あたりから撮った写真です。サロンで中野に来ている人は、その変わりようにビックリですよね。

東京は・・・いえ、日本は東京オリンピックでガラリと変わりましたから、その狭間を見ることが出来る本です。

昨今の昭和ブームの恩恵!ああ~ありがたいですねえ~

2006年7月29日 (土)

横浜の話

横浜は僕にとって青春の場所です。港の見える丘公園、山手公園、近くの女学院に通うガールフレンドが居たので、頻繁に遊びに行きました。本牧埠頭のバー、中華街、元町、外人墓地、馬車道通り、ユーミンの曲で有名になったドルフィン・・・あげればキリがありません。最初に海外に飛び出したのも大桟橋から船に乗ってでした。

そんな横浜の歴史を紹介する番組がNHKで放送されました。びっくりMfwmapserv したのは関内とか埋め立てだったということです。横浜ネタでJRの車内アナウンス「次は~かんない」「次はすぎた~」<おい

脱線しました。こうした歴史は面白いですねえ。ネット上のある所でこの話をしたら、そこにいらした方が素敵な本を紹介してくれました。

http://blog.goo.ne.jp/coty1916/e/8cd3ae8dc701647fb273a90c07cd7082

ある都市のれきし-横浜330年-(福音館書店)です。思わず買ってしまいました。この本は、いわゆる子供向けの児童文庫ですが、内容は大人も唸るものです。横浜好きの人は是非買ってください。

Dscn2580 1656年(江戸時代・明歴2年)の横浜です。横浜は細長い砂州に囲まれた入り江だったんです。この砂州の付け根が横浜村。横に長い浜からの地名です。この入り江がDscn2581 1854年(江戸時代・安政元年)には埋め立てがすすんでいるんです。200年の間に!この頃、ペリーが来航しました。砂州の付け根に埋め立てられた新田があります。横浜を知っている人はピーンと来たと思いますが、これ中華街になるんです。あそこだけ周囲の碁盤の目と違うのは、この新田の畦道をそのまま使ったからなんです。

Dscn2583 それから、たった38年後、1892年(明治25年)には街の形が出来ているんです。日本最初の鉄道、新橋-横浜間の横浜駅(現在の京浜東北線・桜木町駅)も出来ています。Dscn2579

そして現在!この本の素晴らしいところは俯瞰図が同じ視点で描かれているところです。横浜がどれほど変わったのかを知るにはうってつけの本ですねえ。

横浜スタジアムの場所。入り江から埋め立て後、江戸時代には遊郭になって、明治にはクリケット場になります。そして昭和に入ると野球場になるんです。昔からオヤジの集まるところだったというオチで、今回の話は終わりです。

その他のカテゴリー