最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

2006年8月 7日 (月)

びっくらこいた~んで!泣いた~

Buttonhungaroringz04_060806ハンガリーGPは凄かったです。灼熱のハンガリーと言われていたのに雨!ハンガリーで雨は初めてのことです。予選から大荒れだったけど、本レースも凄かったです。アロンソとシューマッハの事ばかり気にしていたら、二人ともリタイヤ!あれよあれよという間に14番スタートだったジェンソン・バトンが初優勝!わ~これってHONDAが単独参戦(ワークス)では39年ぶりの優勝ということ!僕が小学の頃のF1!あの葉巻型だった頃以来・・・ギンサー・・うろ覚え・・・メキシコGPだったようImg_724449_4760067_2 な・・・ 表彰台で君が代が流れるのを初めて聞きました。思わずジ~~~~~ン、まったく予想していなかったので、これこそ青天の霹靂です。 Podiumhungaroringz01_060806

セナが生きていた頃のHONDAを思い起こさせる~( あの頃はウイリアムズ・ホンダという風にチームに対するエンジン供給だった)

おめでとうHONDA!そして、おめでとうジェンソン・バトン!両者とも2000年からのチャレンジでした。長かったねえ~

Img_724449_4766929_0 (HONDAワークスチームとしての優勝は、1967年第9戦イタリアグランプリ(モンツァ)でジョン・サーティース(英国)が獲得して以来39年ぶり、ギンサーは初優勝だった)

2006年7月 2日 (日)

フランスの大活躍!

日本が敗退してがっかりした日々を送っていた僕を元気付けてくれたのが、フランスの活躍です。予選ラウンドの状態から、だれがこの結果を想像したでしょう。スイスとも韓国とも引き分けて、トーゴに勝って、かろうじて2位通過したフランス。今ひとつパッとしないサッカーで、2002年の悪夢を思い出させるような状態でした。

そのフランスが決勝ラウンドのスペイン戦。今回が最後のジダンが目覚めました。今までと違う動き、全盛期とまではいかないまでも、目まぐるしい活躍でした。後半ロスタイムでスペインにトドメとなったシュートは、惚れ惚れするものです。Dscn2511 スペインのDFをかわし、ゴールにほぼ平行に走って回転しながら、キーパーと逆の左サイドにシュ~~~~ト~~~Dscn2512 素晴らしいファンタスティックなゴールでした。

試合後にアンリと抱き合う姿に、思わず涙してしまいました。Dscn2510

ジダンが機能してアンリを上手く使えれば、フランスに勝機はあると断言してきました。そして今朝方のブラジル戦!!

ブラジルのフォーメーションがいつもと違い、しかもそれがうまく機能していなかったのにも救われましたし、今まで裏を取ろうとして走るアンリが、オフサイドを繰り返してたのに、ブラジル戦は少しずつタイミングが合っていたのです。後半5分、幻に終わったアンリのシュート、あれはオフサイドではありませんでした。ああと思ったその7分後!やってくれました。ジダンのフリーキックのボールを、アンリが見事に右足で押し込んだのです。ブラジルのオフサイドだという抗議。確かにアンリの前の選手は、そうかもしれないけど、アンリはジダンが蹴った後に、しっかりDFの後ろから走りこんだんです。Dscn2513

Dscn2514 もう後半は画面がぼやけて見えるほど・・・守ってくれ~そしてロスタイムを終えて試合終了!「やった~」と飲んでいたビールをひっくり返したほどの歓喜!

ベスト4、ドイツ、イタリア、ポルトガル、フランス

おい!ヨーロッパばっかりじゃん。最初はパッとしなかったドイツも調子を上げてるし(練習試合の日本が目をさまさせた?)やはり、地元開催の利があるよなあ。フランスはポルトガルに対して強いけど、監督が元優勝国ブラジルを率い、ワールドカップ15連勝中のスコラーリ監督だし、全く予断を許さない試合です。クリスティアーノ・ロナウドとアンリの対決です!ロナウドはイングランド戦ではパッとしなかったから、今度は頑張るかも・・・

※画像はNHK・BS1の放送をデジカメで撮って、フォトショップで解説風に処理しました(笑)

2006年6月23日 (金)

ワールドカップも・・・

昨日のブラジル戦で日本の全てが終わってしまいました。どだい2点差で勝つなんて無理な話・・・でも、もしかしたらと思いながら応援しました。G監督のポルトガル語にブラジル選手が反応して、日本に有利に動いてくれ~と馬鹿なことまで考えて・・・

ワールドカップが始まる前に、8chスポルトで、FWのT選手を独占インタビューしていました。

「日本は決定力に欠けると言われていますが・・・」の質問に対し

「そんなことはない。コンディションさえ整えられれば・・・」という返事。

「おい」と思わず思ったものです。あなたはプロです。試合にむけてコンディションを整えるのが仕事です。元々、T選手の気の弱さが気になっていたので、こりゃ駄目だと思ったのです。案の定・・・昨日の試合でも、すごく頑張っていたM選手をさげて、わざわざT選手に交代した意味が分からない。その後、すぐにO選手と交代しているし、今回のワールドカップはお粗末でした。

決定力がない、セットプレーに弱い、これって世界では三流のチームだよね。出てくる事すら難しい。一試合なら許せるけど、3試合ともそうなんだから。誰かを責めるのではなくて。代表そのものが×という話。仕事にも影響でるほど寝不足でも、信じて応援したファンの毒舌。きっちり聞いて欲しい。N選手がピッチ上で仰向けになって涙してた光景が目に焼きついています。ああ~終わってしまった~負けるにしても、もっといい試合が見たかった。

日本が決勝リーグにすすまないということは、国際審判の上川さんが何試合かの主審を務めるということだから、彼を応援しよう。年齢から言って最後のワールドカップですから。決勝を審判して欲しいなあ~

2006年6月 6日 (火)

ワールドカップ!

 6月9日(金)に開幕するサッカーの祭典・ワールドカップの話を・・・サッカーの試合の中でもワールドカップは、国対抗ということもあり、本当に特別なものです。Dscn2323

 この時ばかりは、仕事もうわの空になります。前々大会(フランス・’97年)ワールドカップに初めて出場した日本。キッチンにラジオを持ち込んで大騒ぎしていました。

 日本はワールドカップ出場に、1954年(僕の生まれた年!)から挑戦していました。92年のアジアカップ初優勝して一気にムードも高まり、’93年アメリカ大会のアジア予選。あと一歩というところで敗れた「ドーハの悲劇」。それから更に4年、フランス大会出場のアジア予選!最後の最後に決めた野人・岡野のゴール。あのシーンは昨日の事のように蘇ります。ワールドカップへの初めての出場は文句なく本当に嬉しかった。

 フランスに居る頃「日本にはフットボール(サッカーのこと)があるのか」「あるよ1968年のメキシコ・オリンピックで、釜本率いる日本がフランス破って銅メダルだったよ」友達は露骨に嫌な顔になって「ワールドカップに出ていなけりゃ、オリンピックなんかで勝っても意味ないよ」と負け惜しみとも取れる暴言を吐いたのでした。僕がフランスに居た頃、ミッシェル・プラティニはナントに居て現役だったんです!あのアラン・プロストもF2に乗ってる頃です。彼は無名の頃から大好きで、アルバイト先のルールドからポーまで応援に行ったほどです。話もしたんですよ。彼がのちにF1でプロフェッサーと呼ばれ一世を風靡するとは、この頃、思いもつかない事でした。

サッカーの話に戻りましょう~(笑)

 日本がアジア予選を突破出来なかったのは、お隣の韓国がいつも立ちはだかったからです。でも、ここ10年、Jリーグのお陰で、日本は着実に力をつけてきました。今の日本代表の主力メンバー(小野、高原、稲本)は’99年のワールド・ユースで準優勝した経験を持ちます。中田や中村俊輔、宮本、中澤など、名前をあげればキラ星のごとくメンバーが充実しています。そしてこのメンバーにとって、今回のワールドカップが最高のコンディションで出来る最後の大会かもしれません。だから、結果がともなって欲しい。同じ予選グループのブラジルさえ破って決勝リーグにすすんでほしい。それが出来るメンバーだと信じています。(個人的にはDFの加地と坪井が好きです)

 全ては初戦のオーストラリア戦(12日日本時間22時)にかかっています。この試合に勝つか負けるかがキーポイントです。決して楽な相手ではありません。先日のドイツ戦で見せた早いパス回しが出来て、失点したセットプレーを封じ込めれば楽勝!でもオーストラリアもあの強豪オランダと互角に戦って調子付いて日本をなめています。「勝って兜の緒をしめよ」という言葉は外国にないから、チャンスです(笑)<なんという論理。

 日本のウィークポイントはFW(フォワード)。高原、柳沢のコンディション次第ですね。大黒、玉田、巻は驚かせてくれるかもしれません。ガンバレ!ニッポン!Dscn2431

 サムライ・ブルーのユニフォームも買って、準備万端!応援するぞ~前回はチュニジアと同じグループで今ひとつ乗れなかったからなあ(笑)

 日本戦以外にシェフが注目するカードは、個人的にグループHのチュニジアVsサウジアラビア。チュニジア・スペイン戦も面白そうです。あとイングランド・スウェーデン戦!アルゼンチン・コートジボワールも質の違うサッカーで面白そうです。フランス・韓国戦も面白そう。ジダン最後の晴れ舞台ですから。選手としては俊輔の次にアンリが大好きです。ともかくワールドカップが始まります。わ~い、ワクワク・・・

その他のカテゴリー