最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「考える人」の特集 | トップページ | 都電レイアウトも大詰め! »

2006年10月12日 (木)

都電の資料

僕が模型誌「とれいん」に、都電のレイアウト製作記事を書いているのを、知ってる人も多いでしょう。それの資料をいつも探しているのですが、今回は、決定版ともいえるものを発見したのでご紹介します。発刊されて間もないようで、色々な書店で見つける事がまだ出来ます。

Dscn2782 Dscn2783 一冊目は「都電が走った昭和の東京」です。玉電でお馴染みの荻原二郎氏著です。カラー写真も載っていて見たこともないような写真が一杯です。変形A4サイズで220ページもあり、なんと¥3800!これは安いと思いました。都電に興味のある方は本屋さんに走ってください(笑)

もう一冊は「40年前の東京」(1963~1966)こちらは、昭和の東京の建物をレイアウトで再現しようという人にピッタリな資料です。フォーミュラDscn2784 Dscn2786 は上と同じです。出版は、どちらも生活情報センターです。それに載っていた中野の南口の写真!駅から左の部分。今の三菱東京UFJ銀行(いい加減にせえメガバンク!)の前あたりから撮った写真です。サロンで中野に来ている人は、その変わりようにビックリですよね。

東京は・・・いえ、日本は東京オリンピックでガラリと変わりましたから、その狭間を見ることが出来る本です。

昨今の昭和ブームの恩恵!ああ~ありがたいですねえ~

« 「考える人」の特集 | トップページ | 都電レイアウトも大詰め! »

コメント

「都電が走った昭和の東京」が書店に平積みされていました。近所の通りの写真が載っていたのですが、都電が走っていた頃は、道路の空は電線が張り巡らされていたんですね。それにしても、都電を中心にした風景写真、よく撮り貯めていたもんだなぁと感心しました。

大川さん カキコありがとうございます。本当にすごい量の写真ですよね。まだ、これでも一部ですからねえ。フイルムや現像が高かったあの頃ですからね。東京の空の第一印象は蜘蛛の巣でした。

都電が走った昭和の東京の編集を担当させてもらいましたSATOと申します。
とにかく素敵な画像が多くて選択に難儀をしました。今度中野のお店にうかがわせてください。

SATOさん カキコありがとうございます。あの本の編集をなさったのですね。いつも参考にさせていただいております。私もあの時代を生きたのですが、人間の記憶というのは曖昧なもので、写真を見るまで忘れている事が多いのです。そういう意味では本当に助かっています。生活情報センターの本は、お値打ち以上の内容で嬉しい限りです。お店へのお越しをお待ちしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都電の資料:

« 「考える人」の特集 | トップページ | 都電レイアウトも大詰め! »