最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月 7日 (月)

びっくらこいた~んで!泣いた~

Buttonhungaroringz04_060806ハンガリーGPは凄かったです。灼熱のハンガリーと言われていたのに雨!ハンガリーで雨は初めてのことです。予選から大荒れだったけど、本レースも凄かったです。アロンソとシューマッハの事ばかり気にしていたら、二人ともリタイヤ!あれよあれよという間に14番スタートだったジェンソン・バトンが初優勝!わ~これってHONDAが単独参戦(ワークス)では39年ぶりの優勝ということ!僕が小学の頃のF1!あの葉巻型だった頃以来・・・ギンサー・・うろ覚え・・・メキシコGPだったようImg_724449_4760067_2 な・・・ 表彰台で君が代が流れるのを初めて聞きました。思わずジ~~~~~ン、まったく予想していなかったので、これこそ青天の霹靂です。 Podiumhungaroringz01_060806

セナが生きていた頃のHONDAを思い起こさせる~( あの頃はウイリアムズ・ホンダという風にチームに対するエンジン供給だった)

おめでとうHONDA!そして、おめでとうジェンソン・バトン!両者とも2000年からのチャレンジでした。長かったねえ~

Img_724449_4766929_0 (HONDAワークスチームとしての優勝は、1967年第9戦イタリアグランプリ(モンツァ)でジョン・サーティース(英国)が獲得して以来39年ぶり、ギンサーは初優勝だった)

2006年8月 6日 (日)

なんといい加減な・・・

僕は三十年前からチュニジア料理や北アフリカ料理と関わってきました。最近、日本でも北アフリカ料理が少しずつ知られるようになりました。すごく嬉しい事です。その反面、いい加減な情報も横行しています。 おそらく日本に居る向こうの人(多くは男性)に聞いたんでしょうね。アラブでも北アフリカでも「男子厨房に入らず」が普通で、仕事でしていた人(ごく稀です)でもない限り、まず、料理については知らないと思った方がいいでしょう。

料理○国という有名な雑誌に「ハリッサはモロッコのもの・・・」などという記述がありました。なんといい加減な。モロッコ人は基本的に辛いものが苦手です。そんな国で唐辛子ペーストが生まれる訳がありません。ハリッサはチュニジアのカップボン(岬の名前)がオリジナルです。モロッコ人と違ってチュニジア人は辛いのが大好きです。パリで普通にハリッサ(フランスではアリッサ)があるので、モロッコ製のハリッサも作られるようになりましたが、ソフィスケートされたものです。

きっと向こうの人に聞いたんでしょうね。絶対に知らないと言わないし「そうそう、うちがオリジナルだよ」と言うに決まってるんです(笑)アラブ人、北アフリカ人、地中海人の国民性(?)を知らないで聞いたことを信じて書くと、痛い目にあいますよ。編集者さん!フードコーディネーターさん!

2006年8月 4日 (金)

中野の話

昨日、中野北口をママと散歩しました。サンプラザのある方です。北口はロータリーがあって、そこからサンモールというアーケードが早稲田通りまで伸びています。途中からブロードウェイに変わります。そこまで(西友のあるあたり)行くと、マニアの集まる「まんだらけ」など、面白い店がたくさん!ソフトクリームで有名な店も!Nakano

でも今回は、そのサンモールの東側の話です。ロータリーを右の方へいくと、中央三井信託があって、ケンタッキーがあります。その路地を入っていくのです。まるで昭和にタイムスリップしたような状態。最初の辻を右に行くと、スーパーLIFEの前の角に「美登里」という鰻屋。昭和元年創業!ここの建物がまたすごい。ご主人の話では宮大工が作ったものだそうで、本物の漆喰でガラスも昔のもの。冷房が効かないので、汗をかきながら、うな重を。香ばしい香りがたまりません。からめの江戸前のタレも甘すぎず、僕は好きですねえ。

Imgp2466a 腹ごしらえしたらその道を北に行きます。有名な青葉というラーメン屋さん。一度、並んで食べたのですが、僕はあまり好みの味ではありませんでした。そのあたりをサンモール側に入ってみてください。もうタイムスリップ!昔のまんま!よく、昭和の風情を味わいに江戸東京たてもの園(小金井公園)とかラーメン博物館(新横浜)に足を運びましたが、ここは、生きた昭和の街並みが残っているのです。(写真はママが撮ったもの)

17年間、中野で商売しているのに、中野の事を何も知らないんです。最初の頃は、23区内なのに田舎臭い街だなあ~なんて思ってたのです。大きな間違いでした。その街にはその街の個性があります。それを知りもしないで判断してしまうのは勿体無い話です。ようやく、中野の魅力が分かってきたという所でしょう。

こうした場所は、駅前の再開発というツマラナイ対象になって、個性のない街並みに変わってしまうのですが、ここは健在でした。住んでいる吉祥寺が、再開発で本当にツマラナイ街になってしまったので、中野には頑張って欲しい!阿佐ヶ谷や高円寺も昔のまま残ってる場所があります。高校生の頃読んだ「漫画家残酷物語」(永島慎二)や五木寛之のエッセイに登場した街が、そのまま平成に息づいているのは奇跡です。オヤジが一杯やるノレンが掛かった小粋な店も路地という路地にあるのです。ちょっと散歩してみませんか。妖しいですよ~夜の散歩は奥さんか彼女と一緒のほうが安全です。魅力的な女性の居る店に引きずり込まれない為にもね。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »