最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ウズベク料理-2 | トップページ | 思う事・・・ »

2006年3月31日 (金)

都電の石畳

 ちょっと料理の話が続いたので、趣味の話も・・・先日(29日)の定休日に、小金井公園へ、細君と連れ立って行ってきました。お花見です。あまり期待していなかったのですが・・・見事に裏切られました!Dscn2107 自宅の井の頭公園とは違う、桜の大木に圧倒されました。いやあ素晴らしいお花見でした。

 実は世間一般でいうお花見が嫌いなんです。宴会で大騒ぎしてお花見をする事についていけません。昔、京都に暮らした頃に、嵐山で夜桜見物をしました。おぼろ月夜で濃紺の空に桜色。思わずため息がでます。そんな所に酔客が奇声をあげて通り過ぎました。楽しみ方は人それぞれでしょうけど、その時に、何か本末転倒のような気がしたのです。当然、自宅そばの公園には、この時期には近づきません。細君と一献傾けてしみじみとするなんていうのが、到底望めないからです。こんな偏屈も居るということです(笑)

 折角、小金井公園に来たのだからと、再び、たてもの園にも入りました。2月に書いた「できゆくタワーの足もとで」展ですが、3月26日で終わった筈が、9月3日まで延長展示になっていました。好評だったようです。お腹も空いたので高橋是清邸で蕎麦を食しました。更科系の蕎麦で、まあ、こんなもんだろう程度の味でした。うどん粉が多い蕎麦は苦手です。外に出て前回気付かなかった足もとに目がいきました。「あ!」と思わず声が・・・足元の石畳のパターンが何と都電の石畳と同じだったんです。レールの部分が黒の石になっています。係員に尋ねましたが、詳細は判明しませんでした。Dscn2115都電7500形の保存車両がある石畳は、どうみてもオリジナルとは違っていて、後から作ったもののように思えたのですが、ここの石畳は知っている都電のそれと同じだと思ったのです。Dscn1790_1 地面に這いつくばって採寸しました。訳の分からない人は怪訝そうな顔で 通りすぎます。そりゃそうです。通路の石にメジャーあてて寸法を取っているんですから、可笑しな光景です。Shikiishi2a 模型寸法にしたのが、これです。ほぼ間違いありません。どういう事情で保存車両に使われなかったのかは知りませんが、何かの説明があってもいいような気がしました。上の写真の左側にも、手前の右側にも同じように続いているんです。黒の石畳が交わって居る所は、いわゆる交差になっています。好きな人間には、たまらない石畳の話でした。

 

« ウズベク料理-2 | トップページ | 思う事・・・ »

コメント

洞爺模型鉄道さん 書き込みありがとうございます。確かに非現実的な橋ですねえ。アールヌーボーを彷彿とさせる感じです。一度行って見ます。八王子は5年位前にサウジの友達と遊んだきりです。大学が八王子だったので、その時、その変わりように驚きました。北口にあるバーゼルというお店のミートパイが大好きでした。今でもあるのかなあ・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都電の石畳:

« ウズベク料理-2 | トップページ | 思う事・・・ »