最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ムサカと料理の言葉 | トップページ | 中東料理って?その1 »

2006年3月 3日 (金)

岡山紀行

 不思議な体験をしました。毎日、通っている中野のガード下から、21時15分に出発する岡山行きの高速バス。初めて利用させていただいたのですが、飛行機より快適な独立型リクライニングで爆睡しました(笑)目が覚めると岡山でした。

関東バス(KBバス)ホームページ http://www.kanto-bus.co.jp

中鉄バス ホームページ http://www.chutetsu-bus.co.jp/

 樋口さん3枚+野口さん1枚で往復出来るんです。むこうには朝8時に着くので、30年ぶりの倉敷にも足を運びました。パリに行く前に訪れたことのある大原美術館で、名作に再会。涙が出そうになりました。Dscn1999 倉敷は、アンノン族の頃から整備され続けてきたんですねえ。美観地域は、昔より整備されてましたし、街全体が歴史ある佇まいを保存しています。

Dscn2063  Dscn1983  僕がおすすめするまでもない観光地ですが、高速バスで行く、タイムカプセルのような旅に魅力を感じました。冬季オリンピックの男子フィギュアの高橋選手の故郷でもあります。がんばれ~高橋~荒川選手の金であまり注目されなかったけど、あなたの成績は素晴らしかったです。大好きですよ~(笑)

 その後に岡山市に戻って(JRで往復640円)今回の目的である路面電車を堪能しました。Dscn2007a 駅前のポストに筆を持った桃太郎が寝そべっています。岡山だあ~

 路面電車は、東口の駅前から桃太郎大通りを東に走ります。柳川で青輝橋行きと分離、もう一つの線は日本三大庭園の後楽園の手前を通って西大寺町(軽便ファンならゾクゾクする地名・笑)Dscn2009を通って終点の東山まで走ります。実にこじんまりとした路線で、路面電車の旅を堪能出来ました。

 この日、木曜日は有名なmomoが点検日で、残念ながら走ってはいませんでしたが、東山の車庫で見ることは出来ました。乗りたかったなあ。Dscn2046 岡山電気軌道を楽しむのには、一日乗車券(500円)が便利です。岡山市内を走る岡電バスにも乗り放題ですから、絶対お得です。路面は一回140円ですから、あっという間に元が取れますよ。乗車券は裏側がスクラッチになっていて、日付をコインで擦るタイプです。

 岡山城、後楽園は勿論ですが、僕の趣味で面白かったのは城下で降りてすぐの所にあるオリエント美術館。2階にある喫茶「イブリック」で、是非ともアラビックコーヒー400円を堪能してください。メニューの名前はアラビックコーヒーですが、本格的なジェズベDscn2064 (ポット)で淹れるトルココーヒーが美味しいですよ。 それと東山にある岡山電気軌道本社で売ってるmomoグッズもおすすめです。特にジッパーを閉じる部分が路面電車になってるストラップ(50cmくらいもある!)邪魔になる感じが最高です(笑)

 一日だけの滞在でしたが、朝8時から高速バスが出る20時55分まで、たっぷり倉敷と岡山市を楽しみました。こういう旅もいいですね。

 案内してくれた良佳へ、海外赴任頑張れ~ママと応援してるからね。

Dscn2013 Dscn2054 Dscn2036

 

 

岡山電気軌道 ホームページ http://www.okayama-kido.co.jp/tramway/

« ムサカと料理の言葉 | トップページ | 中東料理って?その1 »

コメント

ようこそ、岡山へ!
私は倉敷美観地区のアイビースクエア内に店舗を持つ「CandleWorld」の関係者です。楽しく読ませて頂きました。
見慣れた美観地区も、ブログの添付写真でみると何だか違う素敵な観光地に見えますから不思議ですね。
これからも、いろんな情報楽しみにしています。

早速、地元の方からの書き込み、ありがとうございます。倉敷の観光への力の入れ方には感心させられました。整備するとは、こういうことなんだと・・・本国(デンマーク)のチボリも知ってますが、今度は倉敷のチボリ公園を訪ねたいです。ジェットコースターは苦手なのでパスですけどね(笑)

シェフさん遅れましたが、ブログ開設おめでとうございます。

ところで、momo残念でしたね。

西本さん ありがとうございます。momoには乗れなかったけど、いっぱい収穫がありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡山紀行:

« ムサカと料理の言葉 | トップページ | 中東料理って?その1 »