最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

トップページ | 2006年3月 »

2006年2月23日 (木)

交通博物館に行った話

Dscn1932  今日、万世橋にある交通博物館界隈に 行ってきました。ご存知の方も多いと思うのですが、今年の5月14日(日)で閉館します。

 昭和11年から続いた建物がなくなってしまいます。ここに明治45年に中央線ターミナル駅(東京駅にそっくり・設計者が一緒です)が出来た頃から数えると長い年月が経ちます。Dscn1883

 最初は、昭和30年代半ばに父と訪れています。その後は中学の修学旅行、上京して学生の頃のデートなど思い出深い場所です。Dscn1907_1 陸軍の整備兵をしていた父は、2階にある疾風の誉エンジンを凝視していた事を思い出します。

 でも、今回の本当の目的はそれだけでありませんでした。もうひとつの目的は、この交通博物館に隣接する須田町界隈(食の老舗が集まる場所として有名)を写真に収めることもあったのです。学生時代、本郷に居を構え、何度か散策したことはあったのですが、田舎から上京した学生の身分には敷居の高い店ばかりでした。いつか暖簾をくぐれる日がくるだろうと思って四半世紀以上が経ちました(笑)

 神田連雀町(須田町一丁目・淡路町二丁目)は、江戸、明治から続く店が連立しています。「てやんでえ~神田の生まれよ」と落語などで聞いた「ちゃきちゃきの江戸っ子」というイメージがこの辺りにはあります。そしてこの界隈には、本当に素晴らしい建物が残っています。

Dscn1857 Dscn1862 Dscn1863

 スケッチ、メモを取りながらの散策は楽しいの一言でした。

 夕日が傾いた頃に万世橋を渡りました。ビルに攻め囲まれる老舗の神田連雀町と、使命を終える交通博物館、それから橋を渡った後の秋葉原の喧騒のギャップは、言葉を失います。新しいもので発展していく東京に暮らして、慣れたつもりでも、やはり、この世の中の流れの速さに戸惑うのです。何かが違うと思いながらも明確な答えがないもどかしさ・・・

Dscn1939_1 Dscn1935 Dscn1943

2006年2月16日 (木)

江戸東京たてもの園へ

 そんなわけで小金井にある公園に行ってきました。住まいの吉祥寺からは近いので散歩がてらです。おまけに昨日は2月とは思えないほどポカポカ陽気。JR東小金井駅からバスで5分、問題は本数が日中は一時間に2本くらいしかないことです。公園の前は五日市街道、玉川上水ですから、このまま流されていけば家に帰れますね(笑)

 公園を歩いていると梅が咲き始めていました。Dscn1765

 目的の特別展は江戸東京たてもの園(入場料400円)を入った建物の中で行われています。タイトルは「できゆくタワーの足もとで」<昭和30年代のくらし>でした。昨年の11月23日から来月3月26日までの展示です。展示されてるものと開催期間から見る限り、映画「三丁目の夕日」とシンクロしたもののようですね。Dscn1768

 懐かしい品々が一杯です。そこここにいる年配の方々は皆さん早口で「あったあったあった」言うもんですからとアニメの奇声みたいに聞こえます。年配の方々に「お前はすでに死んでいる」なんていうのは洒落にもなりませんから、言葉を飲み込みました。まあ、今の年配の方々は、団塊の世代よりはるかにパワフルで元気ですから、心配はいらないでしょう。

Dscn1769  じっくり展示物を眺めながら子供の頃を思い出していました。大人になった僕を知る人には信じられないと思うのですが、あの頃は対人恐怖症気味で、友達と遊ぶよりも一人で妄想するのが好きな変な子供でした。鉛筆と紙があれば、どこにでも行けたものです(勿論空想の世界で)

Dscn1790  すっかり頭はあの時代になって外の建物を見て回りました。知らなかったのですが、都電7000形が静態展示されていて、驚きました。あれ、ボンネットバスもあります。これハセガワ(プラモメーカー)で出したやつです。ネタ元はここかあ。一人でつぶやいていました(あぶないなあ独り言)建物保存は大変だと思うのですが、何か物足りない感じは拭えませんでした。せめて街を作れば(ニセモノでもいいから)もっと生きた世界を感じられると思いました。Dscn1823

 子供の頃、廃止された松尾銅山の町に行った時の恐怖感が思い出されました。誰もいない銭湯、飲み屋、呉服屋、酒屋・・・・etc

 人を感じさせる展示(今飲んでいたような)をすればするほど、恐怖感に襲われます。たぶんTVドラマのインベーダーみたいな想像するからなんでしょうね。Dscn1807

 外はポカポカ陽気で、建物の中はヒンヤリ。不思議な感覚になっていました。「時間よ~とまれ」と言えば何もかも動かなくなってしまうような・・・「不思議な少年」(NHK)に出演してた太田博之さん、どうしてるんでしょうねえ、タバコ屋のお姉さんは黒柳徹子さんだったと記憶してます。

 ふしぎな感じのままJRに乗って現実に戻っていきました。蔵の中にあった武蔵野うどんは美味しかったです。讃岐のような腰のあるタイプではなくて、スイトンを伸ばしたような懐かしい食感でした。不思議だったのは皆さん食券買って、黙々と食べて黙って帰るんです。他人とのコミュニケーションを嫌う現代の都会人にも恐怖を覚えます。「ありがとう」「ごちそうさま」なんていう当たり前の潤滑油を発しなくなった社会がギスギスするのは当たり前なのかもしれません。

2006年2月13日 (月)

次から次と・・・

 今日の寒さは半端じゃなかったですね。マンションの前の中央線の架線がヒュウヒュウと唸りを上げていました。先日、NHK(受信料払ってるよ~笑)でやってたのですが、小金井公園にある江戸東京たてもの園で、「東京タワーが建つ足元で・・・」(うろ覚え)みたいな展示をやってるそうです。勿論、昭和33年です。何かキーワードになってるような・・・それともウチの近所のジブリさんが何か仕掛けてるのかなあ。 

 冗談は、さておき僕のようにその時代を生きていた人間には懐かしいのですが、50歳以下の若い世代はどんな風に感じているんでしょうね。

 フランスにいる頃、知識階級の人に画家の佐伯祐三氏と作家の三島由紀夫氏と小津安二郎監督について、よく質問されました。あの時と似た感じがするんです。違和感を激しく覚えるんです。20代の子に「いい時代だったんですよねえ」と言われると。なんと答えていいか分からなくなるんです。この感じは何なんでしょうねえ。

Dscn1748

2006年2月 9日 (木)

ラーメン博物館に行った話

水曜日はお休みなので、井の頭線、東横線、横浜線と乗り継いで新横浜駅から徒歩1分にあるラーメン博物館に行ってきました。以前、RMMという鉄道模型の本でも特集されたことのある場所です。建物が「夕日の三丁目」と同じ昭和33年を想定して作られているんですよね。それと夫婦そろってラーメン大好きというのも手伝って、前から行きたいと思ってました。そうして、ようやく重い腰をあげたのです。

 建物の中に街を作ると、矛盾する色々なことが出てきます。TDL(ディズニーランド)と同じで、様々な工夫をする事で、その矛盾を逆手に取って効果をあげているところは、鉄道模型のレイアウト作りの参考になります。細かなことはHPの記事にするつもりなので割愛しますね。

 ここはラーメンのお話。何軒も入っている中で僕個人の意見では、あの佐野さんがやってる「支那そばや」の「醤油らぁ麺」850円、こりゃ絶品でした。雑味が一切なく、飽きの来ない深い味わい。同じ料理人として佐野さんがTVなんかで打ち出してるキャラが、あまり好きではなかったのですが、こりゃ脱帽しました。値段が高いと思ってましたが、使われてる厳選された食材を考えればむしろ安いと思いました。ここでしか食べれない一品です。

 もう一軒は札幌すすきの「けやき・欅」の「味噌ラーメン」900円。北海道の味を知る僕の意見。そうそう味噌ラーメンはこうでなくっちゃっていう味です。東京の味噌ラーメンは味が濃すぎるし、出汁の旨みがないですよね。味噌に漬け込んだ(想像)ニンニク、生姜のほのかな香りと甘口の味噌味が太目のゴリゴリした麺と合うこと!いやあ子供の頃に札幌で食べた感動が甦ってきました。勿論、思い出の味は美化されてるでしょうから、けやきさんの味が数段上なのは間違いありません。

 今回、お腹が一杯で店先の豚骨の匂いで食べれなかった大好きな九州ラーメンの「博多ふくちゃんラーメン」今度は挑戦するぞ。なんか少し体重が増えた気がする。ああ贅沢な空間です。懐かしい風景と美味しいラーメン。しあわせ~~~~

Dscn1700Dscn1690 Dscn1720 

2006年2月 8日 (水)

クスクスとタッブーレ

 クスクスという料理をご存知ですか?今では有名になったので「YES」と答える方も多いでしょうね。僕が最初に出会ったのが、パリに留学してた30年前。もとは北アフリカはベルベル人の郷土料理です。粒々のパスタを蒸してシチュウをかけて食べます。この蒸す時の音が料理名の語源と言われています。北アフリカの元宗主国だったフランスで広まり、日本人のカレーライスのように定着しました。フランスのグルメ雑誌で人気ベスト5に必ずランクインされるくらいです。15年前に店を始めた頃、クスクスを食べられる店はウチと高田馬場の「クスクス」さんと新宿の「ローズドサハラ」さんくらいしかありませんでした。それが今では日本でも数十軒と広まったのです。しみじみ感慨深い・・・

 ここ数年、フランス経由で日本に定着しつつある料理が「タッブーレ・サラダ」。パセリのサラダです。オリジナルは中東のレバノンです。ブルグールというカチ割り小麦を使って作ります。でも、フランスでは上に書いたようにクスクスが浸透してるので代用で、このサラダを作りました。これが誤解の始まりなんです。これが日本に入ってきて軽いブームになりました。「クスクスサラダ」なんて名前も付きました。ウチはレバノンのオリジナルの形で出しています。でもフランスのサラダを食べたお客様に「これタッブーレじゃない」と言われるんです(笑) 「カリフォルニア巻き」を食べてた人が「コハダの握り」を食べて「これスシじゃない」なんて言うのと同じです。キッチンで涙が出ます(笑)

 クスクスとブルグールは、どう違うのでしょう。クスクスは硬質小麦を粉にして塩水で揉んで粒々にして蒸して乾燥させます。ブルグールは硬質小麦を大まかに割ったのを蒸して乾燥させています。ですからサラダにすると、クスクスは柔らかくなりますが、ブルグールはゴリゴリした感じが残ります。この歯ざわりが「タッブーレ」の醍醐味です。このブログを読んだ方には、その違いを知ってて欲しいです。

 誤解のないように書きますが、クスクスサラダもカリフォルニア巻きも大好きですよ~(笑)Img_028311  Save0196111

サロンにて・・

 模型誌「とれいん」に毎月のように原稿を書いています。今までの記事はHOナローが主体でした。今度、路面電車(都電)を題材にトロリーレイアウトの製作記事を書こうと決心しました。

 このジャンルには、鉄道模型を昔からしている方なら誰でも知っている有名な、二井林さんが書かれた「瑞穂電気軌道」というバイブルにも似た記事があります。それがまとめられた鉄道模型趣味誌(機芸出版)の別冊「レイアウト全書」。その初版が昭和42年です。

 あれから40年近く経とうというのに、それに続く新しい路面レイアウトの記事が僕の知る限り見当たりません。勿論、作っている方はいますし、それなりの数のファンもいる筈なのです。僕ごときがチャレンジするには無謀で大それたことなのかもしれません。でも、やってみたい欲求は日増しに高まっていきました。

 多くの路面電車は1/80で作られています。実は、このスケールの車両をほとんど持っていないんですよねえ(笑)メーカー直販、オークションなどで買い漁りです。都電が題材ですから高架線も欲しくなりました。時代設定は昭和30年代です。山の手線も旧国とか101系です。もう入手不可能なものばかり!サロンの仲間に頼んだら・・・ご覧のようにあっというまに揃ってしまいました。さあ大変!もう後には引けませんぞ~(ちょっと後悔) 仲間の優しさに目頭がHOT!HOT!「どうする俺~」<つづく?>

Dscn1674

2006年2月 6日 (月)

悲しみのバクラワ

 中東で最も有名なお菓子です。フィロと呼ばれる薄い生地にバターを塗りながら重ねていきます。間にピィスタチオを細かくしたものを挟んでいきます。冷蔵庫でバターを固めた後に焼き上げます。焼き時間は40分。前もって作っておいたシロップを冷ましておいて一気にかけます。パイ生地の間にシロップが染み込んでいきます。係りきっりで2~3時間も取られるのです。

 バクラワが美味しいのは個人的な意見ですが、トルコとレバノンです。私が作ったバクラワは現地の方に誉められたのが自慢です(エヘン)私は料理人で、お菓子は専門外ですから本当に嬉しかったのを覚えています。何回も作っていますが、いつも同じとは限りません。ここだけの話、今回のは本当にうまく出来ました。歯ざわり、甘さ、焼き加減、自分で言うのも気恥ずかしいのですが、申し分のない仕上がりです。中東でも欧米でも、とても高級なお菓子ですが、日本人のお客様には「ふ~ん」と冷たくあしらわれるのが悲しいですねえ。Dscn1671

暖まるスープ

おすすめのスープが一種類だけだと淋しいので2月は体が暖まるスープを仕込みました。ひとつは野菜のスープ。十数種類の野菜をオリーブオイルで丹念に炒めてからトマトとハリッサ(チュニジアの唐辛子ペースト)で味付け。野菜だけでこんなにリッチな味になるんです。もうひとつはハリーラというモロッコでは有名なレンズ豆のスープ。どちらも数時間コトコト煮込んだものです。Dscn1669Dscn1670 

使い方テスト

このブログの使い方が今ひとつ分からないので取り合えず色々やってみます。お見苦しい点はご容赦ください。映画「ALWAYS・三丁目の夕日」に感動!昭和33年僕は4歳でした。小学校にあがって父と青森から東京に旅行しました。記憶も薄れてしまったのですが、都電に乗って銀座や両国や渋谷に行ったのを覚えています。自分が経験したことなのか、あとで見た映画のシーンなのか定かでない映像が浮かんできます。

Dscn16521a Dscn1656 Dscn1663

やっと・・・

とりあえず、立ち上げたぞ~ぜぃぜぃ 写真は2005年12月に三軒茶屋キャロットタワーで運転会をした「東急たまでん物語」の二子玉川園駅の写真です。その次が鉄摸ショーでのN-TRAK NETWORKさんのモジュール!そして次が玉電の三茶のモジュールです。

Dscn1603 Dscn1497 Dscn1555

トップページ | 2006年3月 »